アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
世界”ちょこっとずつ”一周旅行&ドイツ暮らし
ブログ紹介
2010年9月25日〜2011年1月24日の4ヶ月間、飛行機や列車で
”ちょこっとずつ”移動しながら世界を一周しました♪
オススメスポット等、教えて下さった皆様、
ありがとうございました!

【旅のルート】
セントレア→グアム→マーシャル諸島→ハワイ→サンフランシスコ→
バンクーバー→シアトル→バンクーバー→トロント→ハリファックス
→ロンドン・コッツウォルズ→パリ→ブリュッセル・ブルージュ→
ケルン→ハンブルグ→ベルリン→ドレスデン→ミュンヘン→フッセン
→ザルツブルグ→インスブルック→ベネチア→フィレンツェ→ローマ
→イスタンブール→ドバイ→モルディヴ→シンガポール→台北→成田

「さて、次はどこの国で暮らそうか?」

2012年にドイツ行きを決意して渡航準備をしていた矢先、
まさかの子宮筋腫を発見(>_<)2013年の冬に無事手術を終えました。

「もう、海外生活のチャンスはないかな…」
諦めていた私をグイグイ引っ張ってくれたのはドイツ。
2015年1月、ドイツで念願のフリーランスビザを取得して、
インテリアコーディネーター、建築デザイナーとして
働き始めました!

例によって、ドイツでの日々を"ちょこっとずつ"綴ります^ ^
zoom RSS

お久しぶりです!ドイツ生活はじめました^^

2015/02/16 02:50
こんにちは!ブログが2013年4月で、すっかり止まっておりました(汗)。

「次はどこで暮らそうか?」
2010年9月から2011年1月までの世界一周旅行で、第二の人生を送る
拠点を探しながら、世界各地の街歩きをしました。

あれから4年が経ち、現在、ドイツで暮らしております。
「コネなし、カネなし、ドイツ語力なし」の無い無い尽くしですが、
「やってみなけりゃ分からない!」のマインドだけで小さな船を
漕いでいます^^

現在住んでいるのは、ドイツ中西部にあるデュッセルドルフという
街です。日系企業が多く進出しており、街には日本料理の
レストランや日本食材店があります。また、旧市街と新市街が
コンパクトにまとまっています。隣町のケルンまで列車で約30分。
フランクフルトとオランダのアムステルダムまでは、それぞれ
列車で約2時間という非常に便利な場所にあります。


こちらが旧市街です。NHKの「世界ふれあい街歩き」の風景が、
自宅から路面電車で10分ほどのところにあります^^
画像



こちらは新市街にある「ラインタワー」です。
画像

まだ昇っていませんが、ライン川や旧市街と新市街が一望
できそうです!


こちらはご近所の街並みです。私好みのカワイイ建物がたくさん
あります!
画像



そしてデュッセルドルフには、恵光寺(えこうじ)という日本のお寺も
ちゃんとあるんですよ!!ドイツにいることを忘れそうなほど
日本の風景です!
画像

2015年の元日は、恵光寺へ初詣に行きました。ユーロのコインを
お賽銭箱に入れて商売繁盛とドイツでの楽しい日々を祈りました。


私はフリーランスのインテリアコーディネーターと建築デザイナー
として、活動をはじめました。幸い、ちょこっとずつお仕事の依頼を
いただいております。先月は隣町のケルンでインテリアデザインの
街中メッセがありました。ドイツのインテリアデザイナーさんに
会ったり、ドイツの住宅設備屋さんを巡ったりして多くの刺激を
もらいました!


こちらは世界一周旅行以来、まさか再度お目にかかれるとは
思わなかったケルン大聖堂です!
雪が積もった寒そうなケルン大聖堂さんです。
画像

ケルンは世界一周旅行のとき、ドイツで初めて滞在した街です。
当時ケルン大聖堂に入った瞬間、あまりの素晴らしさに涙が
溢れてきました。相変わらず大きくて、写真に全部入りきりません
でした・・・。今回もケルン大聖堂に一歩入ると、感動の涙が出ました。

「お久しぶりです!ドイツへのお導きありがとうございます!
ドイツでお仕事が軌道に乗って、楽しく暮らせますように。」

ケルン大聖堂内の椅子に座って、祈りをささげました。

↓世界一周旅行の「ケルン大聖堂」編です。
http://ic-sachiko-on-the-world-tour.at.webry.info/201011/article_12.html


ドイツでは風邪やインフルエンザが流行っており、私も風邪を
引きました><なんと39度の熱が5日間も出ました!!人生でこんな
にキツイ風邪は初めてでした!!でもお医者さんに往診してもらって、
お薬を処方してもらい、すっかり元気になりました。抗生物質も
解熱剤も胃にやさしかったです^^

ドイツ生活で大切にしているのは「ちょこっとずつ」。
仕事もドイツ語の勉強も「コツコツ」とやっております。
というのも日本で深夜までの残業と休日出勤の日々を送らざるを
得ず、心身ともに負担を掛け過ぎたからです・・・。

焦らず、ゆっくり、深呼吸をして、あまり背伸びしないドイツ生活を
しようと思います^^

こんな感じで、ブログを再開していきたいと思います。
気分も新たにブログタイトルを世界"ちょこっとずつ"一周旅行に
「ドイツ暮らし」を追加して、ドイツでのドタバタ珍道中ならぬ
"珍生活"をお伝えしていきますね!
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3


筋ちゃん奮闘記 その8 〜入院4、5日目「復活!」〜

2013/04/17 16:58
こんにちは!
今日のように曇りの日は、天気病みしますが基本元気です^^

昨日は浜松医大へ検診に行きまして、「問題なし」とお墨付きを
いただきました♪今後は4ヵ月後、半年後の検診があるそうです。

さて筋ちゃん奮闘記 8回目の今日は、術後1日目とは別人の復活劇です。

2013年2月1日。朝から元気な私は、朝食のパンとサラダを美味しく
いただきました。

いつもの表情を取り戻し、痛みもある程度緩和し、廊下も点滴台なしで
普通に歩けました。

病室や廊下で会った看護師さんが皆口をそろえて
「昨日とは別人ですね!」と、驚いていました。

私自身も「こんなに回復が早いものか?」とびっくりしていました。

久々にシャワーも浴びました。さっぱりしましたが、
お腹辺りを洗ってお湯を流すと何となく気分が悪くなりました。
看護師さん曰く「腸が元の位置に戻ろうとしてるから」とのこと。

お昼は宿坊で出される精進料理みたいなメニューで、
ウキウキしながらパクパク食べました^^

五目御飯、高野豆腐、お吸い物、美味しかった〜♪また食べたいです^^
画像


「いててててっ!」
調子に乗って食べ過ぎると、腸がびっくりして痛むので、
途中で食べるのを止めました><

時間があればせっせとトイレに行ったり、廊下を歩いたり、とにかく動きました。
早期離床は傷の回復、腸管麻痺の予防、血栓の予防の上で重要なのだとか。

リハビリでてくてく歩いた廊下。術後1日目は「死人」のように歩いてましたが、
2日目以降は嘘のように普通に歩けます。
画像


ちょっと足を伸ばして、売店まで歩いてみました。
浜松医大の売店のパンがとても美味しいのでオススメですよ♪
特にミニクロワッサンは、術後のおやつに最適です^^
あとは暇つぶしに、クロスワードパズルの本を買いました。

腹腔鏡手術の傷はこんな感じです。
画像


おへそと1センチ位の傷×2箇所、2センチ位の傷×1箇所のみで
大福級の大きな筋ちゃんが摘出されました!傷口のテープは
自然に剥がれるまで放っておきます。抜糸はしませんでした。


術後の生活に潤いを与えてくれたアイテムのひとつがこちら。

ベスト オブ オバマブログ
扶桑社
ゴールデンボンバー 樽美酒 研二
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ベスト オブ オバマブログ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


実は入院前にゴールデンボンバーの樽美酒研二氏のブログにハマり、
術後のご褒美にブログ本を注文しておきました。
術後は「お笑いご法度」ですが、傷口が傷まない程度に笑うテクニックを
習得したので問題ありませんでした♪

2月2日には友達、姉、親戚がお見舞いに来てくれて、感謝感謝でした。

夜になると痛みや吐き気が復活したので、お薬を飲んだり、注射を打って
乗り切りました。

2月3日の退院に向けて、荷物をちょこっとずつ整理しました。
「あ〜、やっとお家に帰れる。」
戦いを終えた私は、病院で最後の夜を過ごすのでした。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


筋ちゃん奮闘記 その7 〜入院3日目「事件発生!」〜

2013/04/02 20:54
あ〜、旅に出たい。

ドイツの木組みの家を街歩きしたり、
画像


アウトバーンでヨーロッパを突っ走ったり、
画像


美味しい料理が食べたい!
画像


「また旅がしたい!」
この願望なくして子宮筋腫の手術に挑めなかったでしょう。
なにせ私は筋金入りの「チキン」ですから><。


本日7回目の筋ちゃん日記は、そんな弱虫な私が遭遇した
「事件」でございます。

2013年1月31日。術後の私は見えない敵と戦っていました。

「あぁぁぁ…痛ぃぃぃ…。気持ち悪ぃぃぃ…。」

ある程度覚悟はしていましたが、術後の苦痛は声も出ないほどでした。
痛み止めや吐き気止めを点滴しても、あまり効果なし。

ただ、耐えるしかない…。

座薬は「低血圧」では使用不可だそうで断念…。

術後の体はとても重く感じ、寝返りを打つのも一苦労。
体位を変えても痛いものは痛いんですが…。

鼻には酸素マスク、腕には点滴、足にはエコノミー症候群を防ぐ
マッサージ機、尿管にはカテーテルが装着され、
腹腔鏡手術で切った傷の一箇所から、子宮に溜まった液を出す
管が伸びでおり、ドラマで見る病人そのものでした。

1、2時間おきに看護師さんが病室に来て、体温を測ったり、
尿や子宮内の液をじょぼじょぼと処理していました。

「尿意はないのにオシッコって出るんだな〜。」
痛みや吐き気と戦っているわりには、正確な分析ができました(笑)。

そのうちに、なんと「ガス」が出てきました。
「えっ?もう?」
若干あっけに取られました。

「今起きていることは私事?」
苦痛とともに意識の混濁が酷く、一晩中金縛りに遭っている様でした。

「寝たいのに寝れない。起きたいのに起きれない。」
私の意識は夜が明けても変なゾーンに停滞中。



「さっちゃん、具合はどう?」
同じ階に入院している親戚のKおじさんが病室に来ました。

「寝たいのに寝れない…。起きたいのに起きれない…。」
意識障害の私を見て、Kおじさんは急いで医師や看護師を
呼びに行きました。

その後、数名の医師と多くの看護師が来ました。

看護師:「どうします?ここでやっちゃいます?」
医師:「やっちゃいましょうか。」

「いったい何を?」と思うや否や、

「痛いぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜!!!!!」

手術中に子宮に入れた袋を一気に取り出された激痛に、
叫ばずにはいられませんでした><



Kおじさんからの連絡を受けて、両親が病院に駆けつけました。

「さっちゃん、もう大丈夫だからね。」

母が手を握って話しかけているみだいたけど、
これは現実に起こっていること?

父やT伯母さん(Kおじさんの奥さん)もいるみたいだけど、
これは現実に起こっていること?

「ちょっと歩いてみようか。」
父が私を起こして、点滴台をつかませて廊下に出ました。

「私、歩いてるの…?」

金縛り状態で歩いている感じなので現実味なし。

病室に戻り、リクライニングで起き上がったベッドにもたれ掛かり、
無表情な顔でたまに白目をむいて、頭や手をフラフラさせる私。

「私、このまま障害者になっちゃうのかな…?」
意識障害が一向に治らず、焦りにも似た不安に襲われました。

「お・き・た・い・の・に、お・き・れ・な・い。」
「ね・た・い・の・に、ね・ら・れ・な・い。」

ロボットみたいにフラットな口調で、壊れたテープの如くつぶやく私に、

「起きられるから大丈夫!」
と、母が一生懸命励ますやりとりがずっと続きました。

主治医が病室に来て、検査の結果、異常が無いことを伝えました。

おそらく点滴の朦朧とさせる成分や、麻酔、過剰に摂取した痛み止めや
吐き気止めが原因の様でした。



お昼になり、入院以来はじめての食事が来ました。

「おかゆだよ。ほら口をあけて。」
目が開かない私の口に、母がさじを運びました。

「ほら食べれたじゃない。もうちょっと食べよう。」
私の口に、梅干やなめこなども入ってきました。



だんだん意識が戻ってきたのは午後3時頃。
看護師さんが清拭をして、病衣を着替えて、もう一度
歩いたあたりから少し目が開いてきました。

夜になって、症状は少し落ち着きましたが、母が付き添う
ことになりました。また、術後にある程度回復したら、
大部屋に移る予定でしたが、退院まで個室にいることにしました。



私のようなケースは稀らしいですが、1日ちょっとの「無間地獄」は
けっこうキツかったです><

「明けない夜はない」なんて言葉がありますが、この日ばかりは
「夜は明けない」と何度も思いました。

でも、医師、看護師、家族の支えで、無力な私はこの難局を
乗り切れました。友達からの励ましメールも心強かったです。

「人は一人では生きていけない」…大いに実感しました。

世界一周も同じでした。一人旅とは言え、多くの人たちの支えなしには、
達成できませんでした。

人を大切にすること。人に感謝すること。無間地獄が教えてくれた
教訓が心に響き渡りました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


筋ちゃん奮闘記 その6 〜入院2日目「いよいよ手術!」編〜

2013/03/21 20:16
筋ちゃん奮闘記も、すでに6回目なんですね。
あぁ〜、そろそろ「旅ネタ」が書きたい今日この頃^^
ちょっと書いてしまえ(笑)。

写真は昨日お墓参りがてら行った静岡空港です。
画像


コンパクトで離発着数も少ないのどかな空港ですが、
展望台には飛行機を見に来た方々がたくさんいました。

離陸すれば大勢の人に見送られ、
着陸すれば大勢の人に歓迎される(拍手してる人もいました!)
静岡の気候のように「暖かい」空港です^^

あぁ〜私も近い将来、静岡空港から旅がしたいです♪


さて、本日の筋ちゃん奮闘記は手術編です。
2013年1月30日。朝4時頃目覚めたものの手術の実感ゼロ。
絶食でお腹が空いてしょうがない。

「ラーメンが食べたい〜!」
「チャーハンが食べたい〜!」
「パスタが食べたい〜!」
「おにぎりが食べたい〜!」

でも悲しいかな手術はお昼から…。

空腹感と同時に襲われたのが「眠気」。
点滴から栄養補給をしてたのですが、
おそらく精神安定剤のようなものが含まれていたのか、
手術までウトウトしてました。
お陰で手術の恐怖や緊張感は一切なかったです。

お昼前になり、手術室まで同行する看護師さんが
病室に来ました。

「あ〜、いよいよか…。それにしても腹ペコで眠たい…。」

こんな状態で手術室に向かいました。

だだっ広い手術室入口にはベンチがなく、
体育座りで待っていると、異変を察知した
看護師さんが私をストレッチャーに乗せて、
一気に手術室まで運びました。

ストレッチャーから手術台に1, 2, 3で移乗され、
私はもう「まな板の鯉」。

頭元にいる麻酔科の先生に名前・生年月日・病名を伝え、
麻酔マスクを付けられました。

「今からやる点滴で麻酔かかりますからね〜。」
すでに眠かった私は、手術台に乗って3分も経たない内に
眠りの世界にいました。

手術中は、コスモス畑をさまよう夢を見ていました。
画像


「手術終わりましたよ〜。」
肩を叩かれて目覚めると、頭元に麻酔科の先生がいました。

「気分はどうですか?」
「…なんか気持ち悪いです。吐き気止め入ってます?」
「はい、たっぷり入れときましたよ〜。」

でもあまり効いてなかったので、追加の吐き気止めを
病室に戻ってから点滴してもらいました。

術後はICUではなく、元いた個室で過ごしました。
こうした柔軟性のある選択が出来たのは嬉しかったです。

手術自体は予定通り3時間かかり、残りの1時間で処置をしたそうです。
なので、4時間ほどのお昼寝をしていた気分でした。
出血もほとんどなく、順調な手術だったようです。

両親は主治医の先生から摘出した筋腫を見せてもらったそうです。
大福のように丸かった筋腫は、小分けにされて1センチほどの穴から
ちょこっとずつ摘出されたそうです。腹腔鏡手術の技術ってスゴイな〜。

ちなみに筋腫は鳥皮のように白かったそうです。

面会時間が終了する夜8時を前に両親が帰宅し、
本格的な痛み&吐き気と戦う長い長い夜がやって来たのでした。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


筋ちゃん奮闘記 その5 〜入院1日目〜

2013/03/05 17:52
こんにちは!

手術から1ヶ月。
完全復活した私は、良く食べるようになり
術後に一度ヘコんだお腹が、また”ぽっこり”してきました(汗)。



さて本日の筋ちゃん奮闘記は、いよいよ入院編です。

2013年1月29日。朝9時頃に浜松医大に到着しました。
入院病棟はまだ完成して日が浅く、とてもきれいでした。

こちらはデイルーム。大部屋の患者さんが食事をしたり、
手術中に身内の方が待機したりします。
画像


術前術後は個室にしました。
術前にぐっすり寝たかったのと、術後の痛みを静かな場所で
乗り越えたかったからです。

料金は保険適用外で8400円/1日。
トイレと洗面台があり、有料のテレビと冷蔵庫も完備。

手術前日は痛くも痒くもない状態ですが、
個室にして良かったと実感したのはその日の午後。

朝から絶食(水分補給はOK)をして、お昼に下剤を飲み、
数時間後にトイレに何回も駆け込みました。

激しい腹痛は全くなかったですが、「また来た!」感は
たっぷりありました…。

トイレが近くにある安心感。
気兼ねせずトイレに行けるプライベート性。
私にとって個室の選択は正解でした。


入院生活で心強かったもうひとつの点は、
親戚のKおじさんが別の病気で入院しており、
しかも同じ病棟だったことでした。
Kおじさんと奥さんのT伯母さん(母の姉)が病室に遊びに来てくれて、
さながら新年会でも開いている気分でした^^


手術は次の日の午後1時頃…つまりそれまで絶食〜〜〜!!!
しかも朝7時以降は水分補給もダメ〜〜〜!!!
あぁ、蛇の生殺し状態…。


夜になり、ウォークマンにあらかじめ入れておいた
向田邦子の「父の詫び状」を朗読で聞きましたが、
緊張のあまりストーリーがまったく頭に入りませんでした(爆)。


でもなんだかんだで眠れて、朝4時頃には起きました。

さぁ、いよいよ手術です!

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


筋ちゃん奮闘記 その4 〜越せない年越し〜

2013/02/21 18:27
こんにちは!

早いもので手術から3週間が経ちました。
もうフルタイムで働いていますが、今週は疲れがたまって
お休みの日は自宅で静養しています^^


さて、本日は年末年始 with 筋ちゃんをお届けします。

2012年クリスマス。手術の説明を聞きに家族で浜松医大へ。
説明は同大産婦人科の下記PDFをもとに行われました。

http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/obgy/gylapro/hamamatsulap.PDF

このPDFはホームページで公開されており、筋ちゃん発覚時に一読して
浜松医大での手術を決意したものでした。

心の準備ができていた分、落ち着いて説明が聞けました。

2年前のクリスマスは、バチカン市国でのクリスマスミサを終えて
神聖な気持ちに浸っておりました。
画像

が、2年後に子宮筋腫の手術説明を聞くことになるとは、
人生何が起きるか分からないものです…。

3回目かつ最後のリュープリン注射をヘソ下に接種して、
浜松医大を後にしました。

冬休みは特に大掃除をせずに過ごしました。
というのも、筋ちゃん発覚後の9月に何を思ったか
”断捨離”のごとく、タンス・収納内・ベッド下の不要なものを
4日間もかけてキレイさっぱり捨てたからです!!

ちなみに捨てるときに迷ったら、
モノにパワーを感じたらキープ。
もうパワーを貰いきったり、イヤな気分がするときは捨てると良いそうです。


2012年大晦日。こたつで紅白歌合戦を見ていました。

お目当てはプリンセスプリンセス(写真は懐かしいプリプリ)。
画像

あれ?Youtubeがブログに貼り付けれなくなってる!?

↓プリプリのDiamonds
http://www.youtube.com/watch?v=fYIwlHa3Yiw

プリプリは東日本大震災の復興支援で1年間の期間限定で再結成し、
紅白は最後のステージでした。

家事や仕事と二足のわらじで頑張るプリプリを見て、
私まで勇気づけられました!!

またDiamondsは長い下積み生活で見つけた小さな喜び=Diamondsを
もとに作詞されたそうで、ジーンと心に染みわたりました。


年が明けて2013年正月。おせちやお雑煮を食べて、形式的には
お正月しましたが、手術を終えないと年越しした気がしないので、
気分的には”旧正月”で祝うことにしました(笑)。

「あと3週間、2週間…」
トイレのカレンダーを見ながら手術までのカウントダウンの日々を
過ごした矢先…

先生から「絶対に引くな」と言われた風邪を引きました!!!
38℃以上の高熱、体中の痛み、せき、鼻水の症状からインフルエンザかと
思いましたが、検査の結果ただの風邪でした。

マイナス的には
「手術前に体力が消耗しちゃうよ…」

プラス的には
「入院直前じゃなくて良かった〜!手術が延期にならなくて良かった〜!」

物事は常にプラスマイナスの両面があるものですね。

入院までのカウントダウンは秒読みになり、不安と緊張の日々を
過ごすのでした。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


筋ちゃん奮闘記 その3 〜仕事とリュープリン注射〜

2013/02/13 22:18
こんにちは!
先週末から半日ずづですが職場復帰しました!
手術から2週間目の今日は、磐田市にある
シルクロードミュージアムに行きました。

写真は「仏陀誕生図」。ブッダはなんと”右脇腹”から生まれたとか!
(真ん中左のおチビさんがブッダ)
画像


ちなみに私が出産する場合は帝王切開です><


さて、本日は2012年10月、11月のお話です。

10月2日、浜松医大での診察を終えて帰宅するやいないや
派遣会社に速攻電話をして短期のお仕事を探しました。

「1ヶ月更新で、12月位までのお仕事がありますよ。
早い者勝ちですので、お早めにどうぞ。」

座り仕事、残業なし、時給もまぁまぁ。
ただし浜松街中で、車通勤するには駐車場を探さねばならない。
でも、残念なことに1ヶ月そこらでは月極め駐車場は貸してくれない。

「”駐車場ジプシー”は遅刻のもと…ならば、バス通勤!」

3時間ほど検証した後、派遣会社へ再度電話。

「明日からお願いします!」

ということで、書類のみで面接なしのお仕事ゲット成功!


バスがえらく早く到着するか、遅刻ギリギリかの2本あり、
早便を選択して途中下車し、職場まで毎朝30分歩きました。
帰りも30分歩き、何とも健康的な日々を過ごしました。


10月23日、初めてのリュープリン注射を接種。
リュープリンとは生理を止める注射で、月1回打って
手術までに筋ちゃんを小さくしました。

ヘソ下に打つリュープリン注射。最初はちょっとドッキリ。
でも2、3回目は慣れます。

ちなみに1本「約9400円」なり〜!!高っ!!


1ヶ月後ほど経って、リュープリン注射の副作用である
”疑似更年期障害”が出てきました><

まずは「めまい」。
画像


それから「ホットフラッシュ」(かーっと体がほてる症状)。
画像


しばらく「命の母」で対応して、次の外来で漢方薬を
処方してもらいました。

最初は仕事中もめまい、ホットフラッシュに襲われましたが、
めまいはじきに消えました。でもホットフラッシュは
未だにあります><

休みの日は体調不良で完全に死んでました…。

「仕事、続けられるだろうか…。」
心配になりましたが、仕事をしている方が体調良好でした!

また普段、生理前中後は体調が悪く、外出しませんでしたが
生理がないので、飲み会や何かのイベントに誘われても
普通に参加できたのはうれしかったです^^


そういえば、子宮筋腫の手術を受ける人は、インフルエンザの
予防接種を受けちゃいけないと先生に言われました。

あと、冬の手術の大敵は風邪。うがい、手洗い、マスク装着を
オススメします^^
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


筋ちゃん奮闘記 その2 〜えぇぇ?手術はそんな先???〜

2013/02/06 16:37
一週間前の今頃、私は深い眠りの中で手術に挑んでいました。

手術中は夢の中で何故か”コスモス畑”にいた私。
画像


今、こうしてブログを書けるほど回復できるとは驚きです。
今日は車に乗って外出も出来ました^^

なぜか「丑三つ時」に痛み的なものに襲われますが、
昨日より今日、今日より明日というように体調は良くなっています^^



さて、本日は子宮筋腫発覚後の2012年9月に時間を戻します。

9月4日、町の産婦人科で筋ちゃんを発見した私は、
もちろん失意のどん底にいました。

「さすが厄年。起こることのスケールのデカさが違う!」

本厄のこの年といい、前厄の前年といい、ロクなことが起きていない。

ちなみに女の30代は「いつまで続くのよ〜〜〜!」って位ずーっと厄年。
絶好調だった世界一周の年は、唯一厄年の”お休み期間”でした。

でも厄年は”役年”=役回りなのだとか。
あと”厄年に得た幸運は身に付いて離れない”というプラスな解釈もあり。

こうして、暗闇の中に☆キラっ☆と光る小さなダイヤモンドを探して気合いを
入れていました。

浜松医大の産婦人科受診日は9月20日。
長い長い2週間でした。

ドイツ行のための荷物を入院用のバッグに詰め替えたり、
ビザ取得の際に必要になる残高証明の発行を中止したり、
航空券をキャンセルしたり…後ろ向きな作業ばかりでした…。

でも筋ちゃん摘出に向けてお勉強もしてました。
図書館で子宮筋腫に関する本を借りて1日で読破しました。

もう10年も前の本なので、開腹手術の体験談がほとんどでしたが、
明るく前向きな方が多く、術後ははつらつと過ごしている方ばかりでした。


アメリカ就職を就労ビザの関係で失い、
今度は子宮筋腫でドイツ行のチャンスを失い、

「私は海外に行っちゃいけないんだろうか?」と嘆いてみたり、

「海外で筋ちゃんの手術なんか出来るかい?
日本で、しかも馴染みの病院で治療出来て良かったじゃない!」

と、陰鬱と元気の波をドンブラコッコと進み、
ようやく9月20日が来ました。


「いてぇぇぇぇ〜〜〜〜〜!!!」

今月2回目の内診。内診痛も子宮筋腫の症状のひとつだそうです。

筋ちゃんの数、位置、大きさを知るため、9月24日にMRIを受けました。
私は閉所より、テクノというかトランス音楽のような「規則的な機械音」が
嫌でした。

10月2日。MRIの画像が出来上がり、3度目の浜松医大へ。
筋ちゃんは3つありました。

「なんて分かりやすいの!しかもちょっと美味しそう(笑)。」

まるで大福のような大きな筋ちゃんが1つとチビじゃがいものような
筋ちゃんが2ついました。

写真は私の筋ちゃんとそっくりな大福。
画像


こんな筋ちゃんがおなかにいるので、妊娠5か月のような体型でした。

ちなみに町の産婦人科で言われた「子宮内膜症」はMRIより
「見受けられない」とのことで安心。

私は手術をする覚悟でいたので、次週には入院だろうと腹をくくってました。

「手術は早くて1月になります。」

えぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

先生が見ているパソコンの画面にはギッシリと手術スケジュールが
組まれているようでした。

「生理を止めるリュープリン注射を月1回打って、筋腫を小さくして
1月は手術に丁度いい時期ですよ。」

先生の言葉に少し元気が出ました。


すでに会社は辞めていたので、帰宅後すぐに派遣会社に電話をして
短期のお仕事探しをするのでした。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


筋ちゃん奮闘記 その1 〜偶然の発覚〜

2013/02/04 15:15
こんにちは!本当にお久しぶりです^^
また、「子宮筋腫」でこのブログにご来場いただいた皆様、はじめまして^^

紹介文にもありますが、私、7.5センチ〜9センチ位の子宮筋腫が
おなかを占拠してまして、先日摘出手術を無事終えました。

今は自宅で静養しています^^

術後3日目の私。痛みの波はあるものの昼間は元気でした。
画像



筋腫が発覚したのは2012年の9月4日。
同年8月にドイツ・チェコ・韓国を弾丸旅行したあと、
ひょんなことからドイツで働くことになり、再び旅立つ準備をしていました。

しかし、

「なんかお尻の穴がズキンとする。陰部も違和感あるなぁ…。
きっと弾丸旅行で長時間飛行機に乗っていたので、振動が残ってるんだろう。」

そう思っていました。

一向に症状が治まらないまま旅立つのも不安だったので、
かかりつけのお医者さんへ。

「婦人科系の病気かもしれないから、
専門の病院で診てもらった方がいいですよ。」


「産婦人科…できれば行きたくない。内診が痛くて恥ずかしい。
でも不安材料をかかえて旅立って良いのかい?」

自問自答し、ふと市から提供された子宮頸がんの
無料クーポンを思い出しました。

「痛みは一時!いざ出陣!」

というわけで出産経験のある姉に勧めてもらった産婦人科へ。

苦手な内診を終えてエコー検査をすると、
先生がモニターの”何か”を丸で大きく囲っている。

「おなかを触ってごらん、ボコッとしてるでしょ。これ子宮筋腫ですよ。」

ひえぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!

「9センチ位はあるよね。」

うそぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!

「お尻の穴が痛いのは子宮内膜症の影響でしょう。」

えぇぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!

「このままでは子供ができないから手術した方がいいですよ。」

手術〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?????????


ドイツに行けなくなるの???初めての手術をするの???
頭の中は大混乱!!!


自宅に戻り、事のいきさつを両親に話しました。
両親もまさかの展開に困惑していました。

「さっさと手術して早くドイツに戻ろう!」
気持ちをスパッと切り替えてネットで病院を探しました。

そしてヒットしたのが浜松医科大学の産婦人科でした。
http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/obgy/gylapro/index.htm

◎安心できる腹腔鏡手術の紹介文。
◎分かりやすい手術の説明&メリット・デメリット。
◎家から近く、最近建物が新しくなった浜松医大。
◎父が浜松医大で手術経験がある。

私の症状は腹腔鏡手術が可能か分かりませんでしたが、
パパパパパっと情報整理し、浜松医大で手術することを決意!
その日のうちに子宮筋腫を発見した産婦人科に再び行き、紹介状をゲット!


実はお尻の穴の痛さや陰部の違和感で検索しても
「子宮筋腫」は全くヒットせず。おなかのぽっこりも2012年の冬頃から
気になってましたが、痛みがないのでほっときました。

しかし、

◎ヨーロッパ←→日本の長距離飛行で陰部が刺激されたこと
◎市の子宮頸がん無料クーポンのおかげで偶然、筋腫を発見できたこと
◎安心して手術に挑める病院を見つけられたこと

は不幸中の幸いでした。

もし発見が遅れれば子宮全摘出になっていたかもしれないそうです。

2年前にも子宮頸がんの検査をしたのですが、子宮筋腫はスルーされました。
自覚症状もないので子宮筋腫は見つけにくいようです。

「子宮筋腫」だと響きが怖い。でも「筋ちゃん」なら親しみが持てる。
私は幸運の中で見つけた子宮筋腫を「筋ちゃん」と呼ぶことにしました。


こんな症状の方は早めに病院に行くことをオススメします。

◎下っ腹がやけに出てきた。あれ?ズボンのボタンがはめれない!?
◎下腹部を触ると何かぽっこりしている。私は朝起きておしっこが溜まっている
  時に筋ちゃんぽっこりマックスでした。あなたは?
◎生理痛が酷い。経血が多い。レバー状の経血が出る。
◎生理痛が排便後に緩和される→筋ちゃんの圧迫が排便でゆるむかも。
  私は排便で生理痛を乗り越えてきたので発見が遅れました。


腹腔鏡手術は本当に回復が早いです。
術後はしんどいですが、筋ちゃん無きあとは元気に過ごせるようです^^
浜松医大ではとても丁寧な手術をしていただき、傷も最小限に留まりました^^

どうかひとりでも多くの人が筋ちゃんとお別れして、元気な生活を取り戻したり、
筋ちゃんとバトンタッチして赤ちゃんがやってくることを祈っています♪
私も頑張りますよ〜^^
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


世界平和と東北の春が来ますように!

2012/03/18 02:00
こんばんは!

3月も半ばになり、梅の花がちらほら咲いてきて、
暖かくなったり寒くなったり、プチ花粉症になったり><、春はすぐそこです^^

そんな3月のはじめ、「はままつグローバルフェア」に行きました。
お目当ては浜松出身のミュージシャン・鈴木重子さんのトーク&ミニライブ!

重子さんは昨年11月、アフリカのウガンダ共和国を旅して、紛争に苦しむ人々の
様子を話しました。

ウガンダにはLRAという軍隊があり、家を焼き払い、食糧を奪い、村人を脅して
兵士にし、抵抗する者は殺したそうです。政府は市民がLRAに加わるのを防ぐ
ため、彼らをキャンプに強制的に収容したそうです。しかし、キャンプを出た者は
LRAと見なされるので、多くの人はキャンプに閉じ込められたそうです。
LRAは少年少女を誘拐して、強制的に兵士に仕立て、人々は自分の家族や
友人に殺されることになったとのこと…。

こんな現実が日本の裏側で起きているとは、本当に悲しくなりました。
そしてこうした悲劇はウガンダだけでなく、多くの国で起きているのが実情です。

「かつて少年兵だった男の子が、今、歌手になって大活躍してます。
ぜひ彼の歌を聴いてください。」

重子さんが発起人のプロジェクト”Breath for peace”のホームページで彼の歌を
聴くことができるので覗いてみました。



その人の名はエマニュエル・ジャル。”We want peace”(平和をつかもう)
という歌は、とてもストレートな歌詞で、「本当にもう紛争やめようよ!」っていう
気持ちが伝わってきました。彼はスーダンで少年兵として戦っていたそうです。


他にもイバル川を境にセルビア人とアルバニア人が断絶しているコソボの歌も
印象的でした。1990年代後半に起きたコソボ紛争の傷もまだ癒えないようです。


重子さんのトーク&ミニライブが終了し、別の会場で質疑応答できるとのことで
私も直接重子さんとお話したいと思い、場所取りに向いました。

画像


昔CMで見たショートカットの重子さんと異なり、今はロングヘアでした。
とても優しい語り口の重子さんですが、平和への思いは本物でした。

「建前上の平和でなく、私は本当に世界平和を願っています。でも時として
あまりにも大きなテーマで、本当に平和にできるのか悩むこともあります。」

トーク&ミニライブでの重子さんの言葉が、いかに難しい課題に挑んでいるの
かが伝わってきました。

私が世界一周旅行をして心残りだったのが、上記に登場したアフリカや
ヨーロッパのバルカン半島、そして中東の戦争中の国等を「治安上の理由」で
旅できなかったことを重子さんに話しました。

「確かにこうしたエリアを女一人旅できるようになったら、本当に平和が訪れた
証拠になりますね。」

重子さんは笑顔で答えました。

「例えばウガンダのような紛争で苦しむ国が自立できる産業とか、
産業につながるヒントみたいなものを旅で見つけましたか?」

この質問に対し、重子さんはこう答えました。

「ウガンダの人はとてもコミュニケーション能力が高いです。そして音楽の才能も
素晴らしく、リズム感がとても良いんですよ!こうした自国の強みで自立できたら
いいですね。」



本当だ!こちらもBreath for peaceからの映像ですが、紛争と戦っているとは
思えないほど明るい曲で驚きました!!

「日本の年間自殺者と紛争の死者が同じ3万人。
日本は心の内戦に苦しんでますね…。」

重子さんのトークショーでの言葉を思い出しました。

重子さんとの有意義な質疑応答を終え、アフリカの太鼓演奏を見に行きました。
こちらも底抜けに明るい!!なんか無条件で元気になれました!!
アフリカの「元気」を日本に輸入したら、日本も笑顔になるんじゃないかな?
って思うくらい楽しかったです!!

そういえばアース・ウィンド・アンド・ファイヤーの曲も明るいので
(映像もカラフル!)、アフリカやアフリカルーツの音楽はテンションの低い時に
効果アリですね♪




Breath for peaceのHPには、世界平和に向けての「なんとかしなきゃ!」が
ぎっしり詰まっています!!ぜひご覧ください^^
http://nantokashinakya.jp/projects/breath_for_peace/



話題は変わって、先週の3月11日は東日本大震災から1年でしたね。
あれから大震災の話題がない日は一日もなかったですね。

重子さんのライブでも復興地に向けて「ふるさと」を合唱しました。

画像


ちょっと見にくいかもしれませんが、先週の中日新聞で
「東北 夢の桜街道」というプロジェクトを知りました。
観光で息の長い支援をしよう!ということで、新聞一面に
東北の桜の名所八十八ヶ所が分かりやすく紹介されていました。
また新幹線や列車の路線図も簡潔に掲載されていて、
復興地のどこに行けるかが分かります。

私も目下、東北へ桜を見に行く計画を立てていますが、仕事と資金の調整中。
なんとか行けたらいいです!!あと石巻やきそばが食べたいです!!
テレビで紹介されていた復興商店街にも行きたいな〜^^

東北 夢の桜街道ホームページはこちら↓
http://www.mogamigawa.gr.jp/tohokuyumesakura/88meguri/

こちらから写真の東北6県の桜の名所地図がゲットできます♪↓
http://www.tokyo-np.co.jp/article/daizukai/2012/CK2012030502100006.html


”ちょこっとずつ”ですが、世界平和や東北の復興につながる情報をゲットしたら
載せて行きたいと思います^^みなさんも、何か良い情報をお持ちでしたら
ぜひ教えてくださいね^^
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


世界一周旅行こぼれ話 その2 

2012/02/25 17:12
こんにちは!
まだまだ旅のこぼれ話がありました!
宝島社のVOW(新聞・雑誌の誤植や街で見つけたヘンなものをまとめた本)
みたいな内容もありますが、暇つぶしにどうぞ〜^^

●シャルジャ(UAE)で見つけたヘンな看板
画像

アデランス的なお店のようですが、なぜJAPANESE???
試しに看板に書いてあるホームページにアクセスしましたが、
その理由は見つかりませんでした…。
電話番号が06で始まるところが大阪的ですが因果関係はいかに???


●パリで「ラウドネス」に遭遇!?
画像

パリにある美味しい鉄板焼き屋さんなんですが、よ〜く見てください。
金色で書かれた「RESTURANT TEPPANYAKI」の左に、ひらがなで
「たかさき」って書いてあるんですよ。で、「RESTURANT TEPPANYAKI」の
下をずーっとたどると「AKIRA」…ってことは…?

ラウドネスの高崎晃???

っていうか彼を知らない人のためにプチ情報^^

ラウドネスは日本を代表する世界的なハードロックバンドです。
B'zの稲葉浩志、X JAPANなどにも多大な影響を与えました!
私も大好きなバンドです!!


で、ギターを弾いているのが高崎晃さんです!
世界進出しているとは言え、まさかパリで彼に遭遇するとは!?
なぜたかさきAKIRA???オーナーに聞いてくれば良かった…。
ちなみにこの鉄板焼き屋さんは中国人が経営してます。


●ヨーロッパの意外な風景 その4
画像

「まるで昭和の熱海のようだ!」
私がこの街に来た時の勝手な感想です。
なんかレトロな感じがちょっと昔の日本のリゾートみたいだったんですよ。

で、どこかと言うと「メストレ」というベネチア本島まであと1駅の街です。
泊まったお宿は普通の家っぽくて、朝窓を開けると庭の湿り気具合とか
生えている雑草が自分の家の庭そのまんまでした!完全に日本に
いるみたいな錯角を起こしました!

ちなみにベネチア街歩きでも紹介しましたが、メストレからベネチア本島に
渡る橋が浜名湖の今切っぽくて、地元にいる気分でした(笑)。

ベネチア街歩きはこちら↓
http://ic-sachiko-on-the-world-tour.at.webry.info/201012/article_10.html


●ヨーロッパの意外な風景 その5
画像

「なんか日本にありそうな家じゃない?」
ドイツ南部やオーストリアにはこんな感じの家がたくさんあって、
「日本錯覚」を起こしました。

ここはノイシュヴァンシュタイン城の麓にあるフッセンという街です。
しかし大きな家ですねぇ。この位の規模の家がたくさんあったんですが、
ペンションかしら?それとも大家族の家?

余談ですが、フッセンって発音難しいです。füssenの「ü」が
「ウ」の唇の形をして「イ」を発音するそうなんですが、口が歪みそうです(笑)。
ドレスデンからミュンヘンに移動する列車の中で、向いに座ったおじさんから
「ü」の発音レッスンを受けましたが、合格は頂けませんでした(涙)。
ミュンヘン(München)も「ü」があるのでキツイな〜。


●私を苦しめたミュンヘンの雪

で、そのミュンヘンと言えば「大雪」です!
画像

私が滞在した2010年冬のヨーロッパでは、恐ろしいほど雪が降りました!
写真はドカ雪から一夜明けた次の日で除雪されてますが、
ミュンヘンに到着した時は、足がズボズボ雪にハマる位の積雪量だったんです!
私の荷物は形状的には背負えるんですけど、重量的に不可だったので、
荷物を引っ張るしかありませんでした…。

雪との格闘 in ミュンヘンはこちら↓
http://ic-sachiko-on-the-world-tour.at.webry.info/201012/article_3.html

ちなみにこちらはフィレンツェのドカ雪です↓
画像

写真はロマンチックな街角ですが、実際には「凍結地獄」で滑らないように
歩くのがやっとでした…。

今年もヨーロッパは寒いそうで、ドイツのお友達が「マイナス15℃だよ」と
寒々しい状況を教えてくれました。

今回のこぼれ話もヨーロッパが多かったですね。
そういえばアメリカ・カナダは風のように去ってしまい、観光地ネタはあっても
ローカルネタはあまりなかったなぁ…。ドイツ・イタリアは列車で結構密に
旅したのでネタはつきないです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


世界一周旅行こぼれ話 〜ムダ知識+ちょっと真面目な情報〜

2012/01/28 23:41
どうも!お久しぶりです!
「明けましておめでとうございます!」とご挨拶するには遅すぎますね(汗)。
旧正月だとしても遅いわ…。ちなみに今年の旧正月は1月23日だそうです。

さて、2012年の一発目は「世界一周旅行こぼれ話」です!
ムダ知識がほとんどになってしまいますが、暇つぶしにご覧下さい^^


●シンガポールの気になる3人組
画像

シンガポールの地下鉄に乗った時、派手な3人組の女性の写真にかなりの
確率で出くわしました。森山中のようだけど、どこか関西芸人の香りが
する謎めいた彼女たちが気になってしょうがなかったです(笑)。
いったい誰なんでしょう?シンガポールの有名人でしょうか?
そして彼女たちは地下鉄の扉で何を訴えたいのでしょう???


●意外な場所にタイガーバーム!?
画像

「えぇっ???こんな所にタイガーバーム???」
なんとドバイの空港にごっそりとタイガーバームが陳列してありました!
丁度イタリアあたりで日本から持参したバンテリンを失くしてしまい、
困っていたところでした。なにせ総勢30キロ以上の荷物を持って移動
するので、肩こりや腰痛が半端じゃないのです!
しかもこのタイガーバーム、確か200〜300円とお手頃価格でした^^
もちろん効果も大です!


●意外なヨーロッパの風景その1
画像


まるで日本の公団住宅のようなこの建物、どこで見かけたと思います?
答えはドイツのベルリンです!ドイツというかヨーロッパと言えばメルヘンな
お家を想像していましたが、この類の建物は結構多くてびっくりしました。
でも室内はヨーロピアンなのかなぁ?


●意外なヨーロッパの風景その2
画像


画像

またもや日本の公団住宅みたいですが、これはフィレンツェです!!!
正確にはFirenze Rifrediという駅周辺です。ルネサンスの香りが漂う
サンタマリア・ノッベラ駅までもう一駅ですが、私はこの駅でストに遭遇し
数時間足止めを食らいました(涙)…。
詳しくはこちらのブログをご覧下さい↓
http://ic-sachiko-on-the-world-tour.at.webry.info/201106/article_2.html


●意外なヨーロッパの風景その3(意外すぎる!?)
画像

仏様を囲んでお坊さんたちはどんな教えを賜っているのでしょう?

画像

「こんにちは〜!」
何やら親しげに挨拶をしてくれる神様もいるようです。

こちらもベルリンです!ベルリン、謎多すぎです(笑)!!!
この風景はイケア・ベルリン店近くにあります。

画像

イケアはこの通り普通です。
ここでムダ情報を1つ。イケア・ベルリン店のトイレにあるハンドドライヤーは
ダイソン製で物凄く完璧に手が乾きます!!!私が知る限りでは世界一!!!


●ブランデンブルク門で渋々1ユーロ払ってしまう立地にいるおじさん
画像

写真左にいる旧ソ連国旗を持ったおじさんが、ブランデンブルク門をバックに
写真を撮ろうとするとベストポジションにいるのですよ!1人で撮りたいのに
おじさんに「どいて下さい」とも言いづらい…。しかもおじさんとのツーショット写真を
望んでいないのに1ユーロ払わなきゃいけないんです…。さらに撮ってもらった
写真は斜めってる&私の渋々顔がまんま出てました…。
その写真は恥ずかしいので載せませんが、このおじさん、ブランデンブルク門が
テレビで紹介されるとたまに写っており(と言うか写ってしまう)、
今では世界一周旅行を思い出す名物おじさんとなっています(笑)。

ちなみになぜ旧ソ連国旗なのかというと、東ドイツは政治的・軍事的にソ連の
衛星国だったからです。ちょっと真面目な情報。


●壊れても再建する!素晴らしい精神を頂いた教会
画像

こちらはドイツのドレスデンにある聖母教会。一見昔からありそうですが、
第二次世界大戦中に爆撃を受けて破壊されたのです。
しかしドイツの人たちは長い年月をかけて再建したのです!!!
「世界一難しいパズル」と言われたそうで、爆撃から残った瓦礫もあえて
使われているそうです。

こんな素敵なエピソードを知ってから、壊れたものを簡単に捨てるのは
やめました。そうしたら使えるものが結構あり、物をあまり買わなくなりました。
わりと少ないアイテムでも生活ができるんだな〜と実感。

そして、被災地もきっとドレスデンのように復活できると確信しました!!!


今回のこぼれ話、結構ドイツが多かったですね!
特にベルリンはネタが豊富ですね!
最初は地味な印象がありましたが、写真を振り返ると最もディープな街だったかも
しれません。ちなみにベルリンは家賃が安いらしく、世界中から芸術家や
スピリチュアルな人が集まってくるそうです。ちょっと住みたくなってきたわ!!!

シンガポールの森山中的な3人組については謎のままにしておきますが、
何か情報があれば教えて下さい^^

以上、徒然なこぼれ話でした!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


クリスマスケーキあれこれ

2011/12/25 20:26
皆さん、聖夜をいかがお過ごしですか?
私は先ほどクリスマスケーキを食べて満腹です^^

そういえば旅行中にクリスマスケーキを見かけなかったなぁ…
と思い、食べ損ねたのか、そもそもクリスマスケーキは
ひょっとしたら日本だけのもの?なんて疑問が湧いて、私の
リサーチ魂に火が付きました!

こちらが今夜食べたクリスマスケーキです。
もみの木型のホワイトチョコや柊の葉っぱの飾りがあって
クリスマスケーキだというのが一目瞭然ですね^^
画像


クリスマスシーズンを過ごしたドイツで、ケーキ屋さんに入ったの
ですが、普通のケーキはあってもクリスマスケーキは見かけませんでした。

調べてみると、「シュトレン」という菓子パンをドイツの方はクリスマスシーズンに
食べるそうです。
シュトレンの写真はこちら↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/83/Rosinen-Christstollen_angeschnitten.jpg

シュトレンは食べました!!!クリスマスマーケットでよく見かけました。
素朴な味ですが美味しかったです!シュトレンの名前も由来も知らない
まま、パクパク食べていたのが残念です><

クリスマスを過ごしたイタリアでもクリスマスケーキを見かけなかったなぁ…
と思い調べてみると、イタリアでは「パンドーロ」というお菓子がクリスマスケーキ
だそうです。
パンドーロの写真はこちら↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f5/Pandoro-Homemade-Sugared.jpg

ローマのスーパーでパンドーロの入った箱が山積みになっているのを
見かけました!!!奥様方がみんな買ってました。今思えばクリスマスケーキ
だったからなんだーと納得。

しかし、シュトレン・パンドーロともにクリスマスケーキだとは気づけないほど質素
ですね。日本のクリスマスケーキの方が、クリスマスらしくてワクワクするかな^^

日本のクリスマスケーキは、不二家がスポンジケーキにホイップクリームや
バタークリームを塗って、サンタクロース、クリスマスツリー、イチゴやチョコレートを
飾ったのが始まりだそうです。

そう言えばアメリカはどうだったかなぁ?
15年も前になりますが、アメリカ留学中にクリスマス休暇を利用してテキサス州
ダラスにホームステイしました。週に2回も教会に通う敬けんなクリスチャン
夫妻の元で、クリスマスにはトムとジェリーに出てきそうなごちそうを堪能しました
が、クリスマスケーキはなかったような…。

調査によると、アメリカにはクリスマスケーキはなくて、「ジンジャーブレッドマン」
というクッキーがクリスマスツリーに飾られているそうです。

ジンジャーブレッドマンの写真はこちら↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/49/Gingerbread_men.jpg/514px-Gingerbread_men.jpg

あぁ、ジンジャーブレッドマン、見ました見ました!!!クリスマスツリーに
ぶら下がってましたよ!!!

こうしてみると、クリスマスケーキって世界にいろんな種類があって
面白いですね。しかし私、何も知らぬままこれらのクリスマスケーキ&
クッキーを食べてたんだなぁ…。

今年もあともう少しで終わりですね。
皆さん良いクリスマスとお正月をお迎えください♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


遅ればせながらハリファックスの思い出

2011/11/20 22:14
北米大陸最終目的地を決めるのには結構悩みました。
何せ見どころが多いのです!!!カナダにはモントリオールや
ケベック、アメリカにはニューヨークやボストンといった魅力溢れる
街がたくさんあり、最初は旅程に全て組み込んでいましたが、
世界一周航空券の16回という飛行回数では収まりませんでした…。

それならば”未知のハリファックス”にしようと決めました。
ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、ハリファックス
といえば1995年に先進国首脳会議が行われた地です。
これだけの知識で行ってしまったハリファックス。実はとっても歴史的で
かわいい建物が多く、私は勝手に「東のサンフランシスコ」と呼んでいます^^

滞在した歴史建造物のユースホステルです(写真一番右)。
いい味出してましたが、エレベーターが無かったのがキツかったです…。

画像



2010年11月2日、ロンドン行きの夜間飛行に備えて、クタクタに疲れて
機内で熟睡するために、いつもより長めの街歩きをしました。

うわぁ〜!かわいいお家!!!NHKの「世界ふれあい街歩き」に出てきそうです。

画像


画像


画像


朝早くてあまり人がいなかったけれど、賑やかな通りに出ました。

画像


「よいしょ、よいしょ。」
このルートで当っているのか分かりませんが丘を登っています。

画像


丘の途中からの景色です。

画像



緊急外来でお世話になった病院も見えます。
その日がたまたま土曜日だったので急患扱いでしたが、ただの風邪でした。

画像


さぁ、丘の上に到着しました。

画像


ここは「ハリファックス・シタデル」と言う要塞跡です。
星型の要塞の縁で、五稜郭がある函館市とは姉妹都市だそうです。

画像


画像


画像


街のシンボル・時計台が見えてきました。

画像


ハリファックス・シタデルを降りて、坂を下り、海沿いを目指しました。

画像


ユースでお友達になった日本人のミキちゃんから教えてもらった
美味しいフィッシュ&チップス屋さんに到着!

画像


わぉ!!!すごい量だわ!!!でもほとんど食べちゃいました^^

Selfish Shellfish(わがままな貝)というメニューがあって、思わず
笑ってしまったのですが、隣の席のカナダ人も同じツボにハマった
らしく笑っていました^^

腹ごしらえが完了して海沿い歩きスタート!

こちらもかわいい建物の連続です^^

画像


画像


画像


港が見えてきました。私はてっきりこの旅で大西洋を見ていないと思って
いましたが、どうやらこの海は大西洋のようです。

画像


画像


この辺から雲行きが怪しくなり、雨が降ってきたのでお宿に帰りました。

フィッシュ&チップス屋さんを教えてくれたミキちゃんです(右)。
ミキちゃんはワーキングホリデーでカナダに滞在したそうです^^
ユースのダイニングで撮った写真ですが、ハロウィンのかぼちゃが
懐かしいです^^

画像


今回は写真がいっぱい登場しましたね!短い滞在でしたが、
私好みの建物が沢山あって、パシャパシャ写真を撮りまくりました!

未知の街・ハリファックスでしたが、こんなにかわいい風景が
広がっていて、人が親切で、食べ物が美味しいステキな街でした^^
もう少し足を伸ばせば「赤毛のアン」で有名なプリンスエドワード島も
あります。次に行く機会があれば”弾丸”ではなく”のんびり”街を
堪能したいです♪
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


飛行機の思い出・最終回 〜台北→成田編〜

2011/11/13 17:44
こんにちは!
最近カルディ(ショッピングモールで見かける輸入食品を扱うコーヒー屋さん)で、
ドライマンゴーを見つけて、現在マイブームになっています。というのも台北で
ドライフルーツを袋詰め放題で買い、特にドライマンゴーが美味しかったのです!
今すぐ台北に行って、ドライマンゴーを買いたい!!!ほどハマっております^^

さて、本日は飛行機の思い出・最終回〜台北→成田編〜です。

2010年夏、世界一周航空券すべてのフライトスケジュールが決定し、
HISに発券依頼しました。ところが、この便が原因で発券が数週間遅れる事態が
発生!!!

当時、台北→セントレアの全日空便がありそうで無く、成田着便を探す必要が
ありました。そこでユナイテッドを希望したのですが、HISから
「全日空にして頂けると、発券手続きがスムーズになります」
というリクエストを頂き同便に変更しました。

そして発券後に全日空の台北→成田便がいきなり廃止路線になりました!!
当時、羽田空港が国際化され、台北→羽田便に置き換えられたのが原因の
ようです。

「発券後のルート変更は1万円以上の手数料が掛かる」
という世界一周航空券のルールがあり、台北→羽田便への変更はHISも全日空も
避けました。ユナイテッドも同じ理由で却下…。

しばらく音沙汰がないまま数週間が経過し、HISから1通のメールが入りました。
「台北→成田の全日空便が復活しました!」
あ〜、良かった。これにて一件落着ということで、世界一周航空券が送られて
きました。最初は航空券の束を想像していたのですが、全便が記載されたA4の
紙(というかデータ)でした…。旅情はありませんが、航空券をなくしてもデータを
持ち歩いて印刷すれば良いので安心感があります^^

以上のすったもんだがあった台北→成田線。旅はどうだったのでしょう?

2011年1月24日の朝6時、空港に到着したのですが、早すぎて全日空の
発券ゲートには誰もいませんでした。ふと、離発着のモニターに目をやると…

画像

全日空の台北→名古屋便があるじゃないですか!!!
なぬぅ〜〜!!!いつの間に出来たんだ〜〜???
発券前にこの便があれば良かったのにぃ〜〜!!!
しかし今さらルート変更はできません…。
新幹線代がかなり浮いたのに…と思いつつ、気持ちを成田行きに切り替えました。

今回の旅で台湾が大好きになったのですが、漢字で意味が分かる点も魅力です!

画像

便利商店→コンビニエンスストア
なんてストレートなんでしょう!!!


画像

行動電話→携帯電話
納得感のある漢字ですね!

過境旅館→トランジットホテル
ホテルは中国語でも旅館なんですね^^


画像

こちらは労力士→ロレックス!!!
ロレックスの重み、高級感、存在感が直球で伝わってきますね!!!


発音は全く分かりませんが、困ったときは現地の人と筆談すれば
なんとかなりそうですね^^同じ漢字の文化圏で良かったなぁ^^

かなり早めに搭乗ゲートに到着し、全日空のクルーたちに遭遇しました。
「おはようございます」
さわやかな挨拶を皆さんしてくれました。

最後の便は思ったよりもちっちゃめの飛行機でした。
画像


約3時間後、成田空港に到着しました。
画像


無事、到着!!!感動のフィナーレ!!!というよりも、
ここからまたどこかに飛びたい!!!気持ちでいっぱいでした。
多分、シンガポール・台北での食事が合っていてエネルギーチャージが
完了していたからでしょう。

そういえば芸能人がよくインタビューされる動く歩道ってどこにあるんだろう?と
探しつつ(ミーハーな私(笑))、いつの間にか成田エクスプレス乗り場に出て
しまいました。わりとあっけなく空港外に出れました…。ですが、お腹が空いて
いたので、もう一度空港に戻ってざるそば定食を食べました。

アメックスのクレジットカードサービスを利用して、キャリーバッグを無料で
宅配してもらいました。これは本当に素晴らしいサービスですね!!!

成田エクスプレスからの田園風景を見て、あ〜、日本に戻ったんだなぁと実感。

画像


東京駅で新幹線に乗り換え、故郷の浜松に向かいました。
手荷物のみ持参なので、国内旅行から帰ってくるような気分でした。

あっという間に浜松に到着。
画像


旅に出て4ヶ月。見慣れた風景がそこにありました。
当時は旅を終えた達成感よりも次の旅に出たくてしょうがなかったのですが、
この「見慣れた風景」が当たり前ではないことを、1ヶ月半後に起きる東北大震災
で思い知らされました。

「当たり前はたまたま当たり前に成り立っている。」
私がこの旅で学んだ教訓です。

今年は東北大震災に始まり、中東やアメリカでのデモ、タイの洪水、トルコの地震
など世界中で色々起きたので、より一層当たり前の有難さを感じます。

そういえば「ありがたい」って「有難い=有ることが難しい」って意味だそうですね。

私の旅もたまたま無事だっただけで、まさに有難いことだと思います。

帰国後アメリカ就職が決まったのですが、「アラブ首長国連邦に滞在した」という
理由で就労ビザ取得に最悪の場合1年も掛かると言われ、断念せざるを得ません
でした。2001年の同時多発テロの影響が、こんな形で出るとは想像してません
でした…。

いつだってスムーズに進むとは限りませんね…。

でも、いつかはスムーズに進むはずです!タイミングを伺って、また波に乗って
海の向こうで暮らしてみたいです!!!

あ、その前に台北に行って、ドライマンゴーを沢山買ってこなきゃ!!!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


飛行機の思い出 〜モルディヴ→シンガポール→台北編〜

2011/10/30 16:38
こんにちは!
もう10月も終わりですね。昨年の今頃はカナダのトロントから
ハリファックスに移動しておりました。あの頃は旅の疲れが
どっと出て風邪を引いてしまい、あまり街歩きできませんでしたが、
ハリファックスのユースホステルにハロウィン飾りが施してあり、
本場のハロウィンをちょこっと堪能できました^^

ここでおめでたい話題をひとつ。10月半ばに、モルディヴでお友達になった
イギリスのニコラが二人目の男の子を出産しました。3時間半の超安産だった
そうです^^


さて、しばらく間が空いてしまいましたが、本日は飛行機の思い出・
モルディヴ→シンガポール→台北編です。

【モルディヴ→シンガポール】シンガポール航空

2011年1月12日、夜、フロントデスクのある建物で待機していると、
シンガポール航空のクルーたちが現れました。この旅で最も宿泊料が
高かったバンドス島は、空港のある島から近いので彼らも滞在したのでしょう。
仕事とは言えリッチな待遇ですねぇ。

ドバイ→モルディヴ同様、機内はがら空きでした。
画像


これまたドバイ→モルディヴ同様、CAさんに
「もし寝てたら起こさなくてもよいです。」
と伝えたのですが、シンガポール航空さんは飲み物やスナックを
振舞ってくれました。あと靴下・ハミガキセットもくれました。

飛行機が結構揺れてて目を覚ますと、CAさんたちは
着席して、シートベルト着用を命じられていました。

朝7時にシンガポールに到着しました。
チャンギ空港はとても素晴らしいとよく聞いていましたが、その通りでした。
でも私は早くお宿にチェックインして、ちゃんとした眠りにつきたかったので、
空港を足早に後にしました。


【シンガポール→台北】シンガポール航空

2011年1月19日、旧正月の準備で賑わうシンガポールを後にし、世界一周旅行
の最終目的地・台北へ向かうため、チャンギ空港でフライトを待っていました。

広くて綺麗なチャンギ空港です。
画像


チャンギ空港は、ヨーロッパとオセアニアを結ぶ長距離飛行の経由地なので、
仮眠用のソファがゆったりしていたり、シャワー室があったり、休憩するには
No.1の空港でした^^

おやおや?2011年の干支別運勢を発見!
画像


えー、私の干支・辰年はとても良い年になると書いてあります。
他の干支も基本的に、良いことが書いてありました。

昼12時のフライトを前に、腹ごしらえをしようとフードコートに向かいました。
しかし、パンを食べながらの接客、とってもぶっきらぼうな対応など、
ステキな空港とは裏腹に、カスタマーサービスは今ひとつの模様…。
英語が通じないことも多々ありました。中国人と間違えられたのかな?

搭乗ゲートで待機していると、ひとりの女性がチャンギ空港に関するアンケートを
しに来ました。そしてフードコートでのがっかりを伝えました。私の意見が反映
されたかなぁ?

今回もシンガポール航空さんでの移動です。
こちらの接客は世界一だと思います!
画像


珍しく機内で起きていたので、パシャパシャ写真を撮っていました。
どこかの大陸らしき風景です。
画像


日本の地方空港のようにこじんまりとした桃園空港に到着しました。
中国語はさっぱり分かりませんでしたが、漢字で意味がなんとなく
分かったり、人々が親切だったりして、リピーターになりたくなるほど
台北にハマりました^^
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


飛行機の思い出 〜ドバイ→モルディヴ編〜

2011/09/28 21:22
2011年1月8日早朝、滞在先のシャルジャ首長国からドバイ国際空港へ
タクシーで向かいました。

「あれ?こんなに豪華な空港だったかしら???」

イスタンブールからドバイに到着した時は、朝食のサンドイッチに夢中で(?)、
空港内にあまり目を向けてなかったのですが、セレブな香りがプンプンでした!
(あ〜、写真を撮ってくれば良かった!)

出国審査では、黒いベールをまとった女性やアラファト議長みたいな格好をした
男性がパスポートチェックをしました。

非常に厳重な警備だったイスタンブールの空港とは異なり、荷物やボディチェック
は普通でした。アメリカの空港みたいに靴を脱ぐこともなかったような。

今回お世話になったのはエミレーツ航空です。私の世界一周航空券は
スターアライアンスのものですが、エミレーツはスターアライアンスのメンバー
ではないので”自腹”を切りました><結構痛かったです…。


セレブな感じのエミレーツ航空♪撮影場所はローマですが(^。^;)
画像


モニターからしてセレブな感じ!!!
画像


シートもなんかカッコイイ!!!
画像


ドバイ→モルディヴはセレブ路線(勝手に命名)なだけに、
エコノミーはガラ空き状態でした。写真をご覧の通り、隣に乗客はいません。

「もし私が寝ていたら、CAが来ても起こさなくてOKです。」
と飛行機に乗る度に隣の乗客に伝えるのですが、今回はその相手もいません。
そこでCAさんに直接伝えたところ、”起こさないで下さいシール”を
ピトっと座席に貼ってくれました。

目を覚ますと、すでにモルディヴに到着していました。
私としたことが、寝過ごしてモルディヴの美しい環礁を空から眺める
チャンスを逃しました…。大西洋に続き2回目の失態…。
こういう時「お〜い○×が見えてきたよ〜!」と起こしてくれる旅友が
いるとステキですね^^

海のそよ風が心地よい開放的な空港です。
暖かさを求めに来たヨーロッパ人がたくさんいました。
画像


5つ星エアラインのカタール航空を発見!どれだけセレブなんでしょう?
画像


空港周辺はすぐ海です。
画像


「いきなり海」な風景はマーシャル諸島の空港によく似ていました。
こちらがマーシャルです。
画像


一番物価の高かったモルディヴですが、意外なことに2010年まで最貧国
のひとつだったそうです。でも皆さん観光に力を入れて脱却したんですね!

あ〜、エメラルドグリーンの海がキレイだったなぁ〜。
あ〜、もう一度シュノーケリングがしたい〜!

そうそう。この旅で知り合ったニコラちゃん(私にビキニを貸してくれた
イギリスのお友達)が二人目の赤ちゃんを妊娠しまして、あともう少しで
生まれます!

モルディヴでの様子はこちら↓ニコラちゃんも登場します♪
http://ic-sachiko-on-the-world-tour.at.webry.info/theme/c4e21227d3.html
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


世界一周旅行から一年…

2011/09/25 18:26
こんばんは!

この前旅に出たと思ったら、もう1年が経ってしまいました。
まさに「光陰矢の如し」。

大きな怪我や病気をせず無事旅ができました。
飛行機の欠航や遅れも皆無でした。
頭の中からはみ出しそうなほど、多くの思い出ができました。
大荷物で移動したおかげで、腕力と背筋力が鍛えられました(笑)。

当初の旅程は西回りだったのですが、西回りでは世界一周航空券に
問題箇所が生じることが判明し、最後の方で東回りに変更しました。

結果的には東回りで正解でした。
まず、英語圏からのスタートだったので、いきなり言語で苦労せずに
済みました。ジェット気流に乗って、飛行時間をある程度短縮できた
のもナイスでした!西回りだったら確実に冬の飛行機の欠航が
相次いで苦労したと思います。東回りだったからスコーピオンズの
ライブを本場ドイツで見れたし、バチカン市国のクリスマスミサにも
参加できました!

そして、最高の旅友に出会えたことが一番貴重でした!
東回りだったら確実に彼らに出会っていなかったと思うと時折怖くなります。

このブログは、心配症の両親を安心させるために始めました。
安全な国を選んでの旅とは言え、ジプシーのように居場所が変わる
生活は、日本で待つ家族には心配の種だったと思います。
家族に毎日電話をかけていましたが、連絡が取れなかった時は
とても心配を掛けました。本当に申し訳なかったと思います。

本当に良い時代に旅が出来たと思います。ここまで通信網が
発達している現代だからこそ、女一人で世界をぐるっと回れたと
思います。IT革命をした方々に感謝します!

このブログを通して日本から応援して下さった皆様、ありがとうございました!
皆様のコメントに勇気付けられて、凹みそうな時も前に進めました。

この旅は一人旅ではなく、日本の皆さん、旅先で出会った方々の
おかげで成り立ったと思っています。心から感謝しています。


最後に旅でおさめたお気に入りのショットをお楽しみください♪

【夕暮れのグアム】
画像


【サンフランシスコのカワイイ家】
画像


【ドイツ・マイセンの街並み】
画像


【ドバイ(シャルジャ)のキングファイサルモスク】
画像


【シンガポールのリトルインディア】
画像


【旧正月間近の台北】
画像
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


格安航空会社 VS 列車 VS 老舗航空会社 〜一番安いのは?〜

2011/09/23 16:39
昨日のブログでイギリスの格安航空会社(以下LCC)イージージェットが
気になり、本当に安いのか?内容はどんな感じ?などなど
私のリサーチ魂に火が付きました!調べるうちに他のLCC、列車、
老舗航空会社も参戦致しました!

趣味で調べたので実際に利用する際は、各サイトで確認して
下さいね〜☆彡

以下の条件をサンプルに検証してみました。

2011年11月2日 / ロンドン→デュッセルドルフ (片道)/
大人1名 /20kgの荷物有


【イージージェット】 €39〜€55

この価格幅は以下の支払い方法によって大きく異なります。
(他の航空会社には、支払い指定が無いようです)

ビザ・エレクトロン:€39
デビットカード: €49
クレジットカード: €55

はて?ビザ・エレクトロンとは?誰かご存知の方いらっしゃいますか?
日本ではあまり浸透しなかった様ですが、ヨーロッパでは普及している
ようです。

ちなみに20kgの荷物代は€11で、この価格に含まれています。
機内持込み手荷物は特に金額を請求されない様なので、
トラベルライトな方はもっと安くなりますね!

この便は早朝の6:30発で、15:30の便はなんと€84〜€100の価格帯で
一気に金額アップです!

座席指定が出来るか不明です。まぁ1時間半位の飛行で、
真ん中席が存在しないので、どこでも良いかな?

システムがゴチャゴチャしているのでまとめてみました。

ビザ・エレクトロン払いで、機内持込荷物のみで早朝便に乗れば安いが、
クレジットカード払いで、20kg以上の荷物を持って夕方便に乗ると恐ろしく高い!



【エアベルリン】 €70

こちらはドイツのLCCです。
20kgまでの荷物は無料です!
以下は上記料金に含まれていませんが、
先に€6払えばキャンセルしても全額戻ってきます。
座席指定希望の場合は€10で可能です。

この便は朝7:30発で最安値です。
16:30発は€20アップ、20:20発は€10アップです。

う〜ん、思ったよりお得感がないような…。
それから、エアベルリンはデュッセルドルフ経由が多いみたい…。
例えばロンドンからミュンヘンに行くにもデュッセルドルフ経由って
何だか効率悪いなぁ…。


【列車】 €75

陸路は当然飛行機より時間が掛かりますが、価格はいかほどでしょう?

ロンドン6:20発→ブリュッセル9:40着: €46 (ユーロスターで2時間20分)
ブリュッセル10:30発→デュッセルドルフ13:00着: €29 (ICE、REなどで2時間半)

時間は掛かりますが、のんびりヨーロッパを移動する際には良いですね。
ただ乗り換えが多いので、大荷物持参の場合は疲れるでしょう。
またエレベーターが無かったり壊れていたり、ストでキャンセルになった
場合は悲劇です><


【ルフトハンザドイツ航空】 €59

老舗航空会社は高いだろうと思っていましたが、それほど驚き価格では
ないです!ちなみにキャンセル不可です。荷物は一定の範囲内であれば
無料とのこと。6:40発の早朝便で€59、15:00発の場合は€82です。
座席指定可能かは不明です。


【英国航空】 €78

イギリスの老舗組はどうでしょう?
23kgまで荷物は無料のようです。
しかし、フライト変更に€72も掛かる&キャンセル不可です。
朗報としてはドリンクとスナックが付きます^^

そういえば他の航空会社は機内食が出るのかしら?
各ホームページともあまり積極的に語られていませんでしたが…。


というわけで、まとめのランキングです♪

1位 【イージージェット】 €39〜€55
2位 【ルフトハンザドイツ航空】 €59
3位 【エアベルリン】 €70
4位 【列車】 €75
5位 【英国航空】 €78

イージージェット、乗る価値ありますね!
LCCは座席間隔が恐ろしく狭い飛行機もあるようですが、
イージージェットの場合は至って普通のようです。

ヨーロッパ旅行のご予定がある方は是非参考にしてみて下さい!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


飛行機の思い出 〜中近東編〜

2011/09/22 21:19
こんばんは!

昨日は暴れん坊台風が日本列島を縦断していきましたね!
みなさんの地域は大丈夫でしたか?
私の住む浜松市にも台風が上陸しまして、激しい暴風雨に
みまわれました。停電で信号機が機能しない地域もありました。
今年は大型の天変地異が多いですね…。

さて、今宵の飛行機の思い出は中近東編です。
約2ヶ月間のヨーロッパ列車旅行を終えて、久々の飛行機旅行が
スタートした頃のお話です。

【ローマ→イスタンブール】トルコ航空

2010年12月26日、ローマでのドタバタなクリスマスの思い出に浸りながら、
空港のマックで腹ごしらえをしていました。そのマックの客席はガラス張りに
なっていて、離着陸する多国籍な飛行機が観覧できました。

どこかの国の格安飛行機かしら?
調べてみたところ、写真上のEasy Jetがイギリス、下のWind Jetがイタリアの
格安航空会社だそうです。

画像


画像


こちらはイタリアが誇るアリタリア航空です^^
画像


お宿をお昼12時にチェックアウトして、飛行機が飛び立つのが
夕方の6時。よって持て余すほどの時間があり、眠っている人が
多くいる待合ロビーで私も仮眠。

ついにトルコ航空初搭乗!
画像


トルコ航空は一番イメージが湧きにくい航空会社でした。
ネットでの評判も賛否両論。でもCNNで繰り返しトルコ航空の
陽気なCMを見ているうちに親しみが湧いてきました。



「機内でサッカーができるほど広いぞ!」というコンセプトのCMどおり
なのか、トルコ航空はエコノミーでも座席間隔が広く感じました。

写真は足をめいいっぱい伸ばしているところです!
画像


2時間半でヨーロッパからコーランの鳴り響くイスタンブールに到着!


【イスタンブール→ドバイ】トルコ航空

年が明けて2011年1月2日夕方、私は空港に向かうタクシーの中にいました。
「テルミナ?」
タクシーの運転手さんのトルコ語に一瞬身構えましたが、ターミナル番号を
教えて欲しいんだと分かり、
「テルミナ・ワン!」
と、はっきりゆっくり伝えました。
「アタテュルク?」
ああ、空港の確認ね。
「アタテュルク!」
知らない言語の場合は単純明快に伝えると相手にも分かりやすいようです。

というわけでアタテュルク空港に到着し、夜11時50分のフライトまで
暇つぶしタイムスタート!トルコリラは帰国後に両替できないだろうと
思い、お土産をたくさん買いました。お正月休みを利用して海外旅行を
した日本の方に多く出会い、プチホームシックになりそうでした。

今回もトルコ航空さんです^^しかもよく眠れる深夜便!
画像


朝6時30分にドバイに到着しました。
空港内のサンドイッチ屋さんで朝食を取りながら、フライト情報を
伝えるモニターに目をやると、イラク、イラン、アフガニスタンなど
戦地へ向かうフライトがたくさんありました。

「私、今、本当に中近東にいるんだな…。」
と強く実感。

ドバイ(厳密にはドバイの隣のシャルジャ首長国)滞在中には
スーク(市場)で中近東の伝統品に目を輝かせたり、最先端のビルが
建ち並ぶドバイの街に圧倒されたり、かなり楽しい思い出が出来ました。
その時の様子はこちらでお楽しみください^^↓
http://ic-sachiko-on-the-world-tour.at.webry.info/theme/599e210b82.html
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

世界”ちょこっとずつ”一周旅行&ドイツ暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる