アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旅行雑学」のブログ記事

みんなの「旅行雑学」ブログ


世界一周旅行こぼれ話 その2 

2012/02/25 17:12
こんにちは!
まだまだ旅のこぼれ話がありました!
宝島社のVOW(新聞・雑誌の誤植や街で見つけたヘンなものをまとめた本)
みたいな内容もありますが、暇つぶしにどうぞ〜^^

●シャルジャ(UAE)で見つけたヘンな看板
画像

アデランス的なお店のようですが、なぜJAPANESE???
試しに看板に書いてあるホームページにアクセスしましたが、
その理由は見つかりませんでした…。
電話番号が06で始まるところが大阪的ですが因果関係はいかに???


●パリで「ラウドネス」に遭遇!?
画像

パリにある美味しい鉄板焼き屋さんなんですが、よ〜く見てください。
金色で書かれた「RESTURANT TEPPANYAKI」の左に、ひらがなで
「たかさき」って書いてあるんですよ。で、「RESTURANT TEPPANYAKI」の
下をずーっとたどると「AKIRA」…ってことは…?

ラウドネスの高崎晃???

っていうか彼を知らない人のためにプチ情報^^

ラウドネスは日本を代表する世界的なハードロックバンドです。
B'zの稲葉浩志、X JAPANなどにも多大な影響を与えました!
私も大好きなバンドです!!


で、ギターを弾いているのが高崎晃さんです!
世界進出しているとは言え、まさかパリで彼に遭遇するとは!?
なぜたかさきAKIRA???オーナーに聞いてくれば良かった…。
ちなみにこの鉄板焼き屋さんは中国人が経営してます。


●ヨーロッパの意外な風景 その4
画像

「まるで昭和の熱海のようだ!」
私がこの街に来た時の勝手な感想です。
なんかレトロな感じがちょっと昔の日本のリゾートみたいだったんですよ。

で、どこかと言うと「メストレ」というベネチア本島まであと1駅の街です。
泊まったお宿は普通の家っぽくて、朝窓を開けると庭の湿り気具合とか
生えている雑草が自分の家の庭そのまんまでした!完全に日本に
いるみたいな錯角を起こしました!

ちなみにベネチア街歩きでも紹介しましたが、メストレからベネチア本島に
渡る橋が浜名湖の今切っぽくて、地元にいる気分でした(笑)。

ベネチア街歩きはこちら↓
http://ic-sachiko-on-the-world-tour.at.webry.info/201012/article_10.html


●ヨーロッパの意外な風景 その5
画像

「なんか日本にありそうな家じゃない?」
ドイツ南部やオーストリアにはこんな感じの家がたくさんあって、
「日本錯覚」を起こしました。

ここはノイシュヴァンシュタイン城の麓にあるフッセンという街です。
しかし大きな家ですねぇ。この位の規模の家がたくさんあったんですが、
ペンションかしら?それとも大家族の家?

余談ですが、フッセンって発音難しいです。füssenの「ü」が
「ウ」の唇の形をして「イ」を発音するそうなんですが、口が歪みそうです(笑)。
ドレスデンからミュンヘンに移動する列車の中で、向いに座ったおじさんから
「ü」の発音レッスンを受けましたが、合格は頂けませんでした(涙)。
ミュンヘン(München)も「ü」があるのでキツイな〜。


●私を苦しめたミュンヘンの雪

で、そのミュンヘンと言えば「大雪」です!
画像

私が滞在した2010年冬のヨーロッパでは、恐ろしいほど雪が降りました!
写真はドカ雪から一夜明けた次の日で除雪されてますが、
ミュンヘンに到着した時は、足がズボズボ雪にハマる位の積雪量だったんです!
私の荷物は形状的には背負えるんですけど、重量的に不可だったので、
荷物を引っ張るしかありませんでした…。

雪との格闘 in ミュンヘンはこちら↓
http://ic-sachiko-on-the-world-tour.at.webry.info/201012/article_3.html

ちなみにこちらはフィレンツェのドカ雪です↓
画像

写真はロマンチックな街角ですが、実際には「凍結地獄」で滑らないように
歩くのがやっとでした…。

今年もヨーロッパは寒いそうで、ドイツのお友達が「マイナス15℃だよ」と
寒々しい状況を教えてくれました。

今回のこぼれ話もヨーロッパが多かったですね。
そういえばアメリカ・カナダは風のように去ってしまい、観光地ネタはあっても
ローカルネタはあまりなかったなぁ…。ドイツ・イタリアは列車で結構密に
旅したのでネタはつきないです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


世界一周旅行こぼれ話 〜ムダ知識+ちょっと真面目な情報〜

2012/01/28 23:41
どうも!お久しぶりです!
「明けましておめでとうございます!」とご挨拶するには遅すぎますね(汗)。
旧正月だとしても遅いわ…。ちなみに今年の旧正月は1月23日だそうです。

さて、2012年の一発目は「世界一周旅行こぼれ話」です!
ムダ知識がほとんどになってしまいますが、暇つぶしにご覧下さい^^


●シンガポールの気になる3人組
画像

シンガポールの地下鉄に乗った時、派手な3人組の女性の写真にかなりの
確率で出くわしました。森山中のようだけど、どこか関西芸人の香りが
する謎めいた彼女たちが気になってしょうがなかったです(笑)。
いったい誰なんでしょう?シンガポールの有名人でしょうか?
そして彼女たちは地下鉄の扉で何を訴えたいのでしょう???


●意外な場所にタイガーバーム!?
画像

「えぇっ???こんな所にタイガーバーム???」
なんとドバイの空港にごっそりとタイガーバームが陳列してありました!
丁度イタリアあたりで日本から持参したバンテリンを失くしてしまい、
困っていたところでした。なにせ総勢30キロ以上の荷物を持って移動
するので、肩こりや腰痛が半端じゃないのです!
しかもこのタイガーバーム、確か200〜300円とお手頃価格でした^^
もちろん効果も大です!


●意外なヨーロッパの風景その1
画像


まるで日本の公団住宅のようなこの建物、どこで見かけたと思います?
答えはドイツのベルリンです!ドイツというかヨーロッパと言えばメルヘンな
お家を想像していましたが、この類の建物は結構多くてびっくりしました。
でも室内はヨーロピアンなのかなぁ?


●意外なヨーロッパの風景その2
画像


画像

またもや日本の公団住宅みたいですが、これはフィレンツェです!!!
正確にはFirenze Rifrediという駅周辺です。ルネサンスの香りが漂う
サンタマリア・ノッベラ駅までもう一駅ですが、私はこの駅でストに遭遇し
数時間足止めを食らいました(涙)…。
詳しくはこちらのブログをご覧下さい↓
http://ic-sachiko-on-the-world-tour.at.webry.info/201106/article_2.html


●意外なヨーロッパの風景その3(意外すぎる!?)
画像

仏様を囲んでお坊さんたちはどんな教えを賜っているのでしょう?

画像

「こんにちは〜!」
何やら親しげに挨拶をしてくれる神様もいるようです。

こちらもベルリンです!ベルリン、謎多すぎです(笑)!!!
この風景はイケア・ベルリン店近くにあります。

画像

イケアはこの通り普通です。
ここでムダ情報を1つ。イケア・ベルリン店のトイレにあるハンドドライヤーは
ダイソン製で物凄く完璧に手が乾きます!!!私が知る限りでは世界一!!!


●ブランデンブルク門で渋々1ユーロ払ってしまう立地にいるおじさん
画像

写真左にいる旧ソ連国旗を持ったおじさんが、ブランデンブルク門をバックに
写真を撮ろうとするとベストポジションにいるのですよ!1人で撮りたいのに
おじさんに「どいて下さい」とも言いづらい…。しかもおじさんとのツーショット写真を
望んでいないのに1ユーロ払わなきゃいけないんです…。さらに撮ってもらった
写真は斜めってる&私の渋々顔がまんま出てました…。
その写真は恥ずかしいので載せませんが、このおじさん、ブランデンブルク門が
テレビで紹介されるとたまに写っており(と言うか写ってしまう)、
今では世界一周旅行を思い出す名物おじさんとなっています(笑)。

ちなみになぜ旧ソ連国旗なのかというと、東ドイツは政治的・軍事的にソ連の
衛星国だったからです。ちょっと真面目な情報。


●壊れても再建する!素晴らしい精神を頂いた教会
画像

こちらはドイツのドレスデンにある聖母教会。一見昔からありそうですが、
第二次世界大戦中に爆撃を受けて破壊されたのです。
しかしドイツの人たちは長い年月をかけて再建したのです!!!
「世界一難しいパズル」と言われたそうで、爆撃から残った瓦礫もあえて
使われているそうです。

こんな素敵なエピソードを知ってから、壊れたものを簡単に捨てるのは
やめました。そうしたら使えるものが結構あり、物をあまり買わなくなりました。
わりと少ないアイテムでも生活ができるんだな〜と実感。

そして、被災地もきっとドレスデンのように復活できると確信しました!!!


今回のこぼれ話、結構ドイツが多かったですね!
特にベルリンはネタが豊富ですね!
最初は地味な印象がありましたが、写真を振り返ると最もディープな街だったかも
しれません。ちなみにベルリンは家賃が安いらしく、世界中から芸術家や
スピリチュアルな人が集まってくるそうです。ちょっと住みたくなってきたわ!!!

シンガポールの森山中的な3人組については謎のままにしておきますが、
何か情報があれば教えて下さい^^

以上、徒然なこぼれ話でした!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


クリスマスケーキあれこれ

2011/12/25 20:26
皆さん、聖夜をいかがお過ごしですか?
私は先ほどクリスマスケーキを食べて満腹です^^

そういえば旅行中にクリスマスケーキを見かけなかったなぁ…
と思い、食べ損ねたのか、そもそもクリスマスケーキは
ひょっとしたら日本だけのもの?なんて疑問が湧いて、私の
リサーチ魂に火が付きました!

こちらが今夜食べたクリスマスケーキです。
もみの木型のホワイトチョコや柊の葉っぱの飾りがあって
クリスマスケーキだというのが一目瞭然ですね^^
画像


クリスマスシーズンを過ごしたドイツで、ケーキ屋さんに入ったの
ですが、普通のケーキはあってもクリスマスケーキは見かけませんでした。

調べてみると、「シュトレン」という菓子パンをドイツの方はクリスマスシーズンに
食べるそうです。
シュトレンの写真はこちら↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/83/Rosinen-Christstollen_angeschnitten.jpg

シュトレンは食べました!!!クリスマスマーケットでよく見かけました。
素朴な味ですが美味しかったです!シュトレンの名前も由来も知らない
まま、パクパク食べていたのが残念です><

クリスマスを過ごしたイタリアでもクリスマスケーキを見かけなかったなぁ…
と思い調べてみると、イタリアでは「パンドーロ」というお菓子がクリスマスケーキ
だそうです。
パンドーロの写真はこちら↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f5/Pandoro-Homemade-Sugared.jpg

ローマのスーパーでパンドーロの入った箱が山積みになっているのを
見かけました!!!奥様方がみんな買ってました。今思えばクリスマスケーキ
だったからなんだーと納得。

しかし、シュトレン・パンドーロともにクリスマスケーキだとは気づけないほど質素
ですね。日本のクリスマスケーキの方が、クリスマスらしくてワクワクするかな^^

日本のクリスマスケーキは、不二家がスポンジケーキにホイップクリームや
バタークリームを塗って、サンタクロース、クリスマスツリー、イチゴやチョコレートを
飾ったのが始まりだそうです。

そう言えばアメリカはどうだったかなぁ?
15年も前になりますが、アメリカ留学中にクリスマス休暇を利用してテキサス州
ダラスにホームステイしました。週に2回も教会に通う敬けんなクリスチャン
夫妻の元で、クリスマスにはトムとジェリーに出てきそうなごちそうを堪能しました
が、クリスマスケーキはなかったような…。

調査によると、アメリカにはクリスマスケーキはなくて、「ジンジャーブレッドマン」
というクッキーがクリスマスツリーに飾られているそうです。

ジンジャーブレッドマンの写真はこちら↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/49/Gingerbread_men.jpg/514px-Gingerbread_men.jpg

あぁ、ジンジャーブレッドマン、見ました見ました!!!クリスマスツリーに
ぶら下がってましたよ!!!

こうしてみると、クリスマスケーキって世界にいろんな種類があって
面白いですね。しかし私、何も知らぬままこれらのクリスマスケーキ&
クッキーを食べてたんだなぁ…。

今年もあともう少しで終わりですね。
皆さん良いクリスマスとお正月をお迎えください♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


格安航空会社 VS 列車 VS 老舗航空会社 〜一番安いのは?〜

2011/09/23 16:39
昨日のブログでイギリスの格安航空会社(以下LCC)イージージェットが
気になり、本当に安いのか?内容はどんな感じ?などなど
私のリサーチ魂に火が付きました!調べるうちに他のLCC、列車、
老舗航空会社も参戦致しました!

趣味で調べたので実際に利用する際は、各サイトで確認して
下さいね〜☆彡

以下の条件をサンプルに検証してみました。

2011年11月2日 / ロンドン→デュッセルドルフ (片道)/
大人1名 /20kgの荷物有


【イージージェット】 €39〜€55

この価格幅は以下の支払い方法によって大きく異なります。
(他の航空会社には、支払い指定が無いようです)

ビザ・エレクトロン:€39
デビットカード: €49
クレジットカード: €55

はて?ビザ・エレクトロンとは?誰かご存知の方いらっしゃいますか?
日本ではあまり浸透しなかった様ですが、ヨーロッパでは普及している
ようです。

ちなみに20kgの荷物代は€11で、この価格に含まれています。
機内持込み手荷物は特に金額を請求されない様なので、
トラベルライトな方はもっと安くなりますね!

この便は早朝の6:30発で、15:30の便はなんと€84〜€100の価格帯で
一気に金額アップです!

座席指定が出来るか不明です。まぁ1時間半位の飛行で、
真ん中席が存在しないので、どこでも良いかな?

システムがゴチャゴチャしているのでまとめてみました。

ビザ・エレクトロン払いで、機内持込荷物のみで早朝便に乗れば安いが、
クレジットカード払いで、20kg以上の荷物を持って夕方便に乗ると恐ろしく高い!



【エアベルリン】 €70

こちらはドイツのLCCです。
20kgまでの荷物は無料です!
以下は上記料金に含まれていませんが、
先に€6払えばキャンセルしても全額戻ってきます。
座席指定希望の場合は€10で可能です。

この便は朝7:30発で最安値です。
16:30発は€20アップ、20:20発は€10アップです。

う〜ん、思ったよりお得感がないような…。
それから、エアベルリンはデュッセルドルフ経由が多いみたい…。
例えばロンドンからミュンヘンに行くにもデュッセルドルフ経由って
何だか効率悪いなぁ…。


【列車】 €75

陸路は当然飛行機より時間が掛かりますが、価格はいかほどでしょう?

ロンドン6:20発→ブリュッセル9:40着: €46 (ユーロスターで2時間20分)
ブリュッセル10:30発→デュッセルドルフ13:00着: €29 (ICE、REなどで2時間半)

時間は掛かりますが、のんびりヨーロッパを移動する際には良いですね。
ただ乗り換えが多いので、大荷物持参の場合は疲れるでしょう。
またエレベーターが無かったり壊れていたり、ストでキャンセルになった
場合は悲劇です><


【ルフトハンザドイツ航空】 €59

老舗航空会社は高いだろうと思っていましたが、それほど驚き価格では
ないです!ちなみにキャンセル不可です。荷物は一定の範囲内であれば
無料とのこと。6:40発の早朝便で€59、15:00発の場合は€82です。
座席指定可能かは不明です。


【英国航空】 €78

イギリスの老舗組はどうでしょう?
23kgまで荷物は無料のようです。
しかし、フライト変更に€72も掛かる&キャンセル不可です。
朗報としてはドリンクとスナックが付きます^^

そういえば他の航空会社は機内食が出るのかしら?
各ホームページともあまり積極的に語られていませんでしたが…。


というわけで、まとめのランキングです♪

1位 【イージージェット】 €39〜€55
2位 【ルフトハンザドイツ航空】 €59
3位 【エアベルリン】 €70
4位 【列車】 €75
5位 【英国航空】 €78

イージージェット、乗る価値ありますね!
LCCは座席間隔が恐ろしく狭い飛行機もあるようですが、
イージージェットの場合は至って普通のようです。

ヨーロッパ旅行のご予定がある方は是非参考にしてみて下さい!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「旅行雑学」ブログ

世界”ちょこっとずつ”一周旅行&ドイツ暮らし 旅行雑学のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる